トップメニュー 国際・国民保護の緊急情報一覧 北朝鮮のミサイル発射に対する知事コメント

北朝鮮のミサイル発射に対する知事コメント
 
 本日午前7時34分、北朝鮮北西部の東倉里付近から弾道ミサイル4発が
発射され、3発が我が国の排他的経済水域内に落下したが、現在のところ、
船舶等への被害は確認されていないと官房長官から発表がありました。
 
 北朝鮮による度重なるミサイル発射や核実験の実施は、我が国の安全に
対する重大な脅威であるとともに、北東アジア及び国際社会の平和と安全を
著しく害するものであり極めて遺憾であります。
 
 また、拉致問題の解決が遅れるのではないかと強く懸念しており、拉致
被害者ご家族の皆さんのお気持ちを考えると本当に残念でなりません。
北朝鮮を取り巻く国際情勢は依然として難しい局面にありますが、政府に
おいては、国際社会との連携を図りながら、北朝鮮の行動を変えるための
新たな戦略的取組を構築し、一日も早い「全ての拉致被害者の帰国」の
実現につなげていただくよう強く望みます。
 

本件についてのお問い合わせ先
〔担当〕
危機対策課 課長補佐 南
(直通)025-282-1631 (内線)6431

国際企画課拉致問題調整室 室長 伊野 
(直通)025-280-5766 (内線)2366

 

Adobe PDFファイル 報道資料(pdf形式 68.8KB)
◇このページに関するお問い合わせは
防災局
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-282-1604 ファクシミリ: 025-282-1607
電子メール: ngt130010@pref.niigata.lg.jp
このページの先頭へ