トップメニュー 国際・国民保護の緊急情報一覧 北朝鮮による弾道ミサイル発射に対する知事コメント

北朝鮮による弾道ミサイル発射に対する知事コメント

7 月28 日午後23 時42 分頃、北朝鮮中部から弾道ミサイルが発射され、約45分間飛翔し、我が国の排他的経済水域内に落下したと見られるとの発表が内閣官房長官からありました。
  現在のところ、船舶等への被害は確認されておりません。
 しかしながら、排他的経済水域内に到達するミサイル発射は、我が国の安全に対する重大な脅威となる極めて危険な行為であり、北東アジア及び国際社会の平和と安全を著しく害する暴挙です。
 北朝鮮の度重なるミサイル発射による威嚇行為は断じて許すことができず、度重なる挑発と危険行為に強く抗議します。
 県といたしましては、引き続き関係情報の収集、市町村や関係機関との連携に努め、県民の皆様の安全確保に万全を期してまいります。

また、核・ミサイル問題の中で拉致問題が埋もれてしまうことを強く懸念しております。拉致問題の発生から長い年月が経つ中、拉致被害者の方々やご家族の皆様はご高齢となってきており、もはや一刻の猶予も許されません。
 政府には、米韓をはじめ国際社会と連携を図りながら、安保理決議を着実に履行し、北朝鮮への圧力を更に強めるとともに、核、ミサイル及
び最優先課題である拉致問題など北朝鮮をめぐる諸懸案の解決に向けて、全力を尽くしていただきたいと考えております。

 

本件についてのお問い合わせ先
〔担当〕

危機対策課 課長 坂西
(直通)025-282-1630 (内線)6430

国際課 課長 桑原

(直通)025-280-5078 (内線)2128

 

Adobe PDFファイル 報道資料(pdf形式 78.7KB)
◇このページに関するお問い合わせは
防災局
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-282-1604 ファクシミリ: 025-282-1607
電子メール: ngt130010@pref.niigata.lg.jp
このページの先頭へ